最新情報

2014年9月17日下げる
塩分控えめの料理の工夫
2014年9月3日下げる
ハチミツを毎日食べる
2014年8月15日下げる
薬で下がらない血圧をどうさげる?
2014年8月1日高血圧
50代の女性が血圧が高い理由
2014年7月16日高血圧
運動を好きになる!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

塩分控えめの料理の工夫

高血圧には塩分控えめ!
しかし、塩分控えめの料理は味がなくて美味しく感じない!

一日に摂取しても良い塩分量を守って料理すると、かなりの薄味の料理になります。
ずーと続けていれば慣れていくのかもしれませんが、どうしても美味しいとは感じないので、続けるのが大変だという方も多くいらっしゃいます。

そんな方々に参考になる料理方法をご紹介させていただきます。
塩が少なくても、旨味の多い材料を使いましょう。

昆布やきのこ、乳製品もいいですね。
旨味が塩味の代わりになってくれます。

香辛料もOK。
しょうがや、しそなどもいいですし、インドやタイなどで使われているような香辛料を使った料理にトライするのもいいですね。

油を上手に使いましょう。
油といっても、ごま油やオリーブ油を使うのが良いでしょう。
煮物にごま油を少し加えると味が加わるようですよ。

料理の一品は味がしっかりするものにして、他のものを味を薄くして調整することも良い方法です。
味があるものがあるので、食事は楽しくなります。

以上紹介した方法効果的ですので、ぜひ試してください。
日本人の塩分摂取量

タグ

2014年9月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:下げる 料理 高血圧

ハチミツを毎日食べる

最近私はハチミツを毎日食べるようにしています。
ハチミツは、健康食品の一つ。

ポリフェノールなどが健康によいとしてブームになっていますが、ハチミツにももちろん健康に欠かせないものがたくさん含まれています。

ハチミツの効果にはどんなものがあるのでしょうか。
高血圧、疲労回復、肝機能向上と言った効果があります。

ハチミツの中にはカリウムが含まれています。
カリウムには、塩を排出してくれるとてもありがたい機能があるのです。

塩を体外に出すので、血圧も下がるというわけです。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸をたくさん含んでいますので、疲労回復効果もあります。

肝機能にも良い影響がありるのです。

そんなこんなで最近100%オーガニックのハチミツを購入して食べています。
とても美味しくて、尚且つ健康にも効果があるので、気に入っています。

ハチミツを一口なめただけでは効果が実感できませんが、すこしばかり続けてみたいと思っています。

タグ

2014年9月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:下げる 高血圧

薬で下がらない血圧をどうさげる?

どうして血圧が下がらないのか・・・。
これは、医学が進歩した現在でもはっきりとしないところがあります。

いろいろなことが言われますが、一つ興味深い話を知りました。
それは、自律神経と血圧の関係です。

自律神経が副交感神経優位な時は、血圧は下がりやすいのだそうです。
逆に、交感神経が優位になりますと、血圧が下がりません。

血管が収縮するからです。
自律神経が交感神経優位の場合、どんなに血圧の薬を飲んでも下がらないといいます。
体全体が緊張しており、血管も縮まってしまうからです。

この状況を回避するには、リラックスすることが必要です。
アロマや、半身浴など交感神経から副交感神経に変換するようなことが効果があるでしょう。

もし、どうにもならなければ、抗不安薬などの薬の方が、血圧を下げやすいそうです。
血圧の薬ではなく、自律神経の薬の方が効果があるケースがあるようなので、薬を飲んでも効かない時はお医者さんに聞いてみても良いかもですね。

タグ

2014年8月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:下げる 高血圧

50代の女性が血圧が高い理由

更年期高血圧、特に50代女性の人に高血圧の問題を抱えるようになる人が多いのです。
50代の女性の半数が、高血圧の問題を抱えるようになるのです。

なぜでしょうか。
いくつかの原因があるようです。

エストロゲンの減少が、血圧を上げてしまうのではないかと言われています。
エストロゲンには血管を柔らかい状態に保つ効果があるのだそうです。

ホルモンバランスが乱れて血圧が上がりやすくなるのですね。

それ以外にも、老化という問題もあります。
老化とはつまり血管の老化ですからね。

血管を若く保つことさえできれば、アンチエイジングにも成功できるという話もあるほどです。

さらには、若いころからの塩分を取りすぎてきた食生活の付けが出てくることもあります。
ここにあげた原因、ホルモン、血管年齢、塩分の取りすぎの問題を無視し続けた時に、ほぼ100%の確率で高血圧になるのです。

私には高血圧はまだまだ関係ないなんて思っていると、血圧の問題を抱えるようになってしまうかもしれないのですね。

タグ

2014年8月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:高血圧

運動を好きになる!

血圧を下げたくても下がらないタイプの人もいるでしょう。
いろいろ薬を飲んでも下がらない人もいるのだそうです。

どちらにしても、運動を続けることには効果があります。
血圧を下げたいために運動をするのではなく、やはり運動を好きになり、定期的に運動すると体の健康状態は次第に良くなっていきます。

ということは、どんな運動をするかも大切なことになってきます。
好きなことでなければ続きませんからね。

ウォーキングが好きな人もいるでしょうし、サイクリングのような運動が好きな人もいるかもしれませネ。

私は、水泳が大好きです。
実は水の中って水圧があるので、同じ時間運動するにもより力が求められるので、効率の良い運動を行えるのです。

また、水圧で血行が良くなりますから、高血圧の人には実は最適な運動方法なのです。

泳ぐことができなければ、歩くだけでもOK。
あるいは、私の母がはまっているのですが、水中エアロビ。
これも、結構楽しそうです。

水の中なので、踊りが下手でもあまり見られません。
結構楽しくて続けられそうですよ。
高血圧は高齢になってから考える?

タグ

2014年7月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:高血圧

血圧を薬で下げても安心できない

血圧が高い人がよく行っている対策が、薬を飲んで血圧を下げるというもの。
薬を飲むと一時的に血圧が下がります。

でも、安心はできません。
原因が解決されていないからです。

薬で下げても解決になっていないので、自分で努力して血圧を下げなければなりません。

何ができるのかと申しますと、食事と運動です。
基本的にすべての人は、血圧が正常な状態で生まれてきています。

ですから、血圧が高いということは何らかの原因があるはずです。
その原因を見極めるのが、血圧を下げる点で非常に重要です。

一つ多くの高血圧の人にある問題があります。
それは、血行不良、そして、自律神経の乱れ、ホルモンのバランスが乱れることなどがあります。

つまり、生活習慣が問題であるということです。
薬なんて実は必要が無いかもしれません。

自分の生活習慣を治すだけで、症状を改善できるかもしれないのです。

タグ

2014年6月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:高血圧

肝臓の機能を落とす物

肝臓は、毒素を分解してくれています。
それ以外にも、脂肪を分解してくれたり、その他の栄養素を分解してくれたりもしています。

肝臓が悪くなると、人の体は疲れやすくなり、毒素を排出できなくなったりします。
とても大切な器官。

最近聞いた話しなのですが、サプリメントなどの健康食品に頼りすぎると肝臓に負担がかかるのだそうです。
知り合いが長年にわたって大量のサプリメントを飲んでいたところ、急に体調を崩してしまいました。
精密検査をしたところ、肝脂肪であることが発覚。

肝臓の機能も低下していました。
結果、体が疲れやすくなり、体力が落ちたのだそうです。
未だに疲れやすい状態が続いており、回復できるかどうかわからないそうです。

サプリメントを飲み過ぎて、肝機能が低下してしまったのです。
恐ろしいですね。

体に良い栄養素がたくさん詰まっているのだから、体にわるいはずが無いと確信していたのに・・・。
脂肪肝 

タグ

2014年6月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:肝臓の健康

肝臓の不調を見極める

お酒を飲むのをやめると、体の調子がよくなることに気づきます。
やはり肝臓にお酒は負担なんですね。

この調子でお酒を控えていこうと思っています。
頻度としては、一週間に一度コップ一杯の焼酎か日本酒と決めています。

肝臓は沈黙の臓器。
悪くなっても何もサインを出してくれません。

分かるのは、血液検査の数値。

それでもやはり体です。
肝臓が悪くなりだすと、疲れが取れなくなったり、だるかったり、やる気がおきなかったりするそうです。

朝起きれなくなったり、前と少し変わったなと思ったら、検査をするのがベスト。
早ければ早いほど、治療もできるからです。

単に忙しかったのかな、ストレスがたまっているだけかな、年をとっただけだろう、なんて思わせるのが、肝臓の悪い人に起こる症状の特徴です。

ちょっとしたサインに敏感にならなければなりません。

タグ

2014年3月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:肝臓の健康

血液検査の結果

最近健康診断をしました。
血液検査をした結果、少々腎臓の数値が悪く出ました。

腎臓は塩分の取りすぎで、負担になります。

塩分とりすぎていたかな・・・・・。

塩分を取りすぎると、もちろん血圧も上がります。
それで、塩分を少なめにとることが、健康の秘訣ということになります。

塩分を少なくとると、腎臓にも心臓にも、血管にも良いといわれています。

腎臓の数値も悪かったので、塩分控えめの生活をしなければなりません。

塩10gとは、小さじ大盛り一杯だそうです。

加工食品にはかなりの塩分が含まれています。
ラーメンには4g含まれているようです。

一日10gに塩分を抑えようと思うと、かなり難しいのです。

塩分を控えめにした生活を始めなくてはいけません。

タグ

2014年2月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々の出来事

肝臓にカレー?

インド人は肝癌にならない?

インドでは、肝癌になる人が少ないといいます。
他の疾患は同じようにあるのに、なぜか肝癌だけが少ないのです。

その理由に、カレーをあげることができます。
カレーの中に入っている、ターメリックが肝癌予防になっているのだとか。

毎日のようにカレーを食べていることが、実は肝臓の健康に効果があったのです。
インド人のようにカレーを毎日食べよう!とならなくても大丈夫。

実は、日本人の心緑茶。
緑茶もカテキンの効果でがん予防効果があるといいます。

そのほかにも、コーヒーも肝臓に良いといううわさもあります。

カレー、コーヒー、緑茶、それぞれ成分は異なりますが、肝臓の健康に一役買っているようですね。
肝癌だけでなく、肝硬変や他の肝臓疾患にも効果があることが認められています。

カフェイン、緑茶はなんとなく聞いたことがありましたが、カレーが肝臓にいいというのは、初めて聞きました。

タグ

2014年1月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:肝臓の健康

このページの先頭へ